ブリリアントスターズ千葉のブログ

全国の歌好きな主婦を束ねているモッチーの音楽ブログ!!
子育てママ必見!千葉県内レッスン場所は
松戸、柏、流山、白井、印西、市川
船橋、八千代 素敵なママゴスペルサークル!!

歌のスキル 〜声の明暗、発声編〜 第四回

どーもー


今日は歌うときに上手に聞かせるコツ



伝授していきますねー👯👯👯



プロのシンガーは素人より何かが違う!と思うこと



ありませんか??



彼らは様々なことを一瞬でコントロールしています。



曲によって自身の声質を明るくしたり曇らせたりしています。



まず、明るくするために良い練習として



ガ、ガ、ガ



で歌うのが効果的です。ガを発音する時に



頭の中や鼻に意識を向けて歌いましょう。



これは高域の音階になればなるほど、ガは



ヘッドボイスといって声帯がとじて息が漏れない



とてもパワフルで強い歌を表現できるのです。



高音を歌う時に歌詞を全てガにして歌い、歌いながら



自分の体の中、喉のあたりや



くちの中がどのようなフォーム(状態)になっているか



客観視しておき、その後そのフォームを変えず、歌詞を



当てはめてみてください。それとヘッドボイスで歌うときに



口を大きく、じぶんではこれ以上開かないくらい



顔をくっちゃくちゃにして歌いましょう。



決して力まず、叫ばず歌ってください。音量は一定を守ってください😀



ヘッドボイスは曲のサビによく使われる歌い方です。



次に曲のAメロでどのように歌えば良いかお伝えします。



洋楽の場合、声を暗めに響かせる事が多いですね。



練習方法として   ボ、ボ、ボ、



と、歌詞を全てボにしてみて下さい。その時に



先ほどのガ、のようにボを発しながら口の中や喉のあたりが



どんな感じかを確認しながら行いましょう。



もう一つ、



ボ、を発している時、鼻に音が入らないよう歌います。



それによって暗めに響き、大人っぽくて安心感のある



優しい響きになるでしょう。



この発声はバラードでは、Aメロはもとより



サビにも使用することも多々あります。



日本人はカラオケ文化で日本語の曲に親しんできてるので



歌い方がワンパターン(JPOP)であり、洋楽にもそれを用いてしまうと



とても幼稚な感じのなってしまいます。



これらは私のゴスペルレッスンでもっとも



注意深く歌わせて、教える基本であり



なんどもみんなに言って聞かせる部分であります。



最後に歌は基本的にフレーズの最後の一語は息を抜いて



歌うことが多く、最後の一語を発音するときに口の中から



少しだけ息を外に出しながら発音するととても上手に



聴こえますので洋楽のプロの音源、曲を聴くときはそこらへんも



意識して、、



まずは決して歌わず、



聴いて聴いて聴いて聴きまくりましょう!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。